『個と家と族』

夫婦と子供2人の4人家族の家。

「個」を尊重し、「兄弟」「夫婦」「親子」「家族」「地域」といった様々な関係性のレイヤーを「距離」「光」「膜」によって体現する。

 

一階から三階まで続く吹抜け、そこにある天窓。

降り注ぐ光。

駐車場のスクリーン、ダイニングのすのこベンチは「膜」となり適度な距離間を与える。

対面する子供室は本棚のあるホールを挟むことで、「知」による繋がりを得る。

夫婦室と子供室は階の違いという距離を保つ。

そして家族は中心階の二階で寄り添いあう。

自分に重なるレイヤーを感じることで心地よい体験ができる。

 

設計デザイン:レクト設計室

​設計担当:内藤 正宏

施工:株式会社楽家

エリア:東京都